放置するとどんどんと悪化しやすくなる

月に1〜2回くらいの吐き気ならそこまで悩むことはないと思います。年齢にもよりますが、そのままにして症状が治まれば、胃痛薬や病院を頼る必要はありません。

 

しかし、胸焼けや吐き気などの症状が周に何度も続いている場合は注意しなくてはいけません。そのまま放置していると、どんどん悪化し、治すことが困難になるばかりではなく、悪化してしまう恐れもあります。

 

 

逆流性食道炎の多くは胃酸の過剰分泌が原因で、基本的には胃酸の分泌を抑える胃痛薬であるタケプロンなどを服用することが望ましくなります。

 

病院で処方された薬を服用したり、最近ではインターネットの個人輸入で自己判断となりますが購入してから服用することで、悩んでいた部分を和らげることができます。

 

プロトンポンプ阻害薬は副作用が少ないことと、服用をやめると症状が再発しやすいことから長く飲み続けることが多いようですが。

 

タケプロンの他に、H2受容体の薬、ブロッカーや粘膜保護剤も有ります。その人の症状により、作用の選択も違うために、まずは病院の石に相談をすることが、一番の改善策になります。

 

薬を1錠服用したらすぐに効果が現れるのではなく、早くても4週間はかかると言われているために、考えた摂取を意識することが大切です。ストレスが原因の可能性も有り、抗不安薬や抗うつ薬などを併用する場合がありますが、あくまでもこれは痛みが強い場合なので、症状ができるだけ早い段階での胃痛薬の服用が鍵になります。

 

 

ページトップへ