放置しない心がけ

命に関わる病気になる恐れ

痛みや吐き気を感じたら薬を服用すれば、それで治るでしょう?軽く考えている人もいますが、ピロリ菌が感染すると100%慢性胃炎を引き起こし、そのまま放置するトイガンになる恐れがあります。

 

なおかつ、胃炎だけでなく、動脈硬化、アルツハイマー病、胃がん、貧血、骨粗しょう症などの他の病気に繋がるおそれがあるために、定期的な検査が望まれます。

 

健康無いというのは綺麗なピンク色をしている健康的な体です。粘膜にはつやつやした光沢があります。しかし、一方として炎症を起こしているいは褐色で色あせており、粘膜は薄くペラペラとした状態になる、本来は見えないはずの年ナムの太い血管が透けて見える用になるために、症状が起こりやすくなるわけです。

 

胃の症状は流石に自分ではわからないために、まずは病院で検査などを受けることが望ましくなりますが、さすがに、なにか症状が起こらないと病院の検査などに足を運ぼうと思わないとおもいます。

 

ただし、意識したいのが、何かが起こってからでは遅いことです。症状が悪化してから、痛みや吐き気を感じる場合がありますので、定期的に年に一回は病院で検査を受けることが望ましくなります。それから、胃の健康を考えて、毎日のように栄養のある食事管理をしておくことも大切です。

 

 

ページトップへ