運動をした後は水が一番<

スポーツ飲料は体にいいが飲み過ぎは注意

ダイエットや権衡を考えると、ウォーキングやランニングなどの運動を行うことは大切とされています。なお、年齢が高くなればなるほど、下半身や腕をうごかし、血流を活発にさせることは、痛風の予防にもオススメとされています。

 

体を動かし、運動をすると汗をかくために、そのときにスポーツ飲料を飲み、水分摂取する事が多いと思います。スポーツ飲料を飲むことで、糖質補給や電解物質の影響で疲れを癒してくれます。

 

ただし気をつけたいのが飲み過ぎることです。
必要以上にスポーツ飲料を飲むことで、痛風の要因になるために注意。

 

スポーツ飲料は”飲みやすいイメージ”が強いのですが、これは果糖がたくさん含まれているからです。疲れを改善させるために果糖は非常に大切ですが、過剰に飲み過ぎることで、エネルギーの過剰摂取になりやすく、太りやすくなり、そして痛風の原因に関わってきます。

 

 

一般的に、運動をした後はスポーツ飲料は一日350ml〜500mlが適量とされ、これ以上を服用すると、尿酸の体外排泄などに支障をきたし、どうしても痛風が起こってしまいます。

 

そこで、運動をした後はスポーツ飲料を飲むのではなく、水やミネラルウォーターを飲むのが一つのほうほうです。必要な水分を体内に吸収し、果糖が含まれていないために、太る心配もなく、痛風の痛みにも悩むことはありません。

 

 

ページトップへ