暴飲暴食、ストレスが原因

暴飲暴食・ストレスの改善

好きな食べ物をたくさん食べたり、お酒を飲むとストレス解消になるために個人的には食事の時間は大好きです。
しかし、食べ過ぎたり、飲み過ぎることで胃がチクチクと痛くなるので、これが逆にストレスとなってしまいます。

 

この痛みを緩和させるためにタケプロンを服用します。

 

タケプロンを服用すれば、痛みを緩和し清浄を保つことができますが、他の臓器にも作用するために、これが要因で副作用が起こることも十分に考えられます。そのために、できることなら、タケプロンなどの胃薬は最終手段と考え、できることなら胃の痛みにならないように普段から心がけたいものです。

 

 

もともと胃の痛みは、多少のアルコールの吸収、食事の量では起こりません。
原因の一つとして、暴飲暴食、過剰なストレスを続けることで、胃の周りの粘膜のシステムのバランスに支障をきたし、これが原因で胃潰瘍、胃痛などが起こってしまいます。

 

そこで大切になるのが、普段の生活の中で、食事やアルコールの量、そしてストレス解消をうまく心がけることです。

 

たしかに、今まで暴飲暴食を繰り返し、ストレスの貯まるような生活をしていたら、急に改善することは難しいと思いますが、徐々にでもいいので、食事・アルコールの量を減らし、ストレスを解消できるように心がけることが重要です。

 

そのままにしておくことで、より症状が悪化し、毎日のようにタケプロンなどの胃潰瘍の薬を服用しなくてはいけなくなります。

 

健康のことを考え、バランスよく自分をうまくコントロールすることが重要になります。

 

 

ページトップへ