3つの原因について

胃薬では効果がない場合があります

食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどが関係して胃痛や胸焼けが起こることがわかっています。その時に服用したいのがタケプロンになりますが、胃の症状が続いている場合、タケプロンでは聞かない恐れもあります。

 

実は機能性ディスペプシアと言われる原因が隠れている可能性も十分にあります。

 

一つのいの膨らみが悪いことで、食べ物が入ってきた時に、本来大きく膨らむいの天井部分が膨らみにくいために消化不良をお越し、痛みや吐き気につながってしまう恐れがあります。

 

もう一つ概算についてです。
ものを食べると胃酸を含む胃液が分泌され、通常の胃液の量でもいの感受性が強いために胃酸の反応に痛みを感じてしまうことが関係してきます。

 

それからストレスを過剰に受けてしまうことで起こる症状で、ストレスホルモンが放出され、胃の天井湯部分の膨らみが悪くなってしまうことです。

 

短い期間に起こった場合なら、さほど心配することはありませんが、症状が長期間に続く場合は、適応されて胃痛薬しか聞かない恐れがあります。

 

その胃痛薬を判断するにも、自分ではわからないおそれがあるために、まずは病院の内科にて相談をすることで、胃痛や胸焼けを素早く和らげることにつながります。

 

 

ページトップへ