アルコールの量は抑える

アルコールと胃痛

毎日のようにお酒を飲み過ぎると胃を痛めやすくなるといいます。
ただし、適量なら健康に良いと言われるので、このバランスをどう意識するかが大事。

 

ただし、”適量”といっても、飲む量はそれぞれ異なるかと思いますが「社団法人健康学会」が発表した純アルコールの1日の適量によると「ビール:中ビン1本(500ml)、日本酒:1合(180ml)、焼酎:0.6合(110ml)」このアルコール量が標準量とされています。

 

これくらいのアルコール量なら胃に負担をかけず、飲み続けることができます。

 

しかし、アルコールも体内になれる特性があり、次第に”酔い”が浅くなり、じょじょに飲む量が増えてしまう特性があります。
すると、過剰に飲むことで、食道や胃に負担をかけてしまい胃痛や胃潰瘍の原因になってしまいます。

 

アルコールは一種の刺激物になるために、食道や胃に多量の刺激を与える、つまり毎日のように過剰に飲み過ぎることで、胃に対する負担が覆ってしまいます。

 

 

たしかに、胃に違和感を感じた時に薬を服用すれば粘膜を改善し、痛みを和らげることができますが、アルコールを過剰に、毎日のように飲むこと、胃液という酸性の分泌物を出す器官にダメージをどんどん与えてしまい、胃の粘膜を通り抜けてしまいます。

 

 

アルコールは、ストレス解消や権衡を考えるとプラスに働きますが、毎日のように過剰に飲むことで胃に負担をかけてしまうため、用量を考えて飲むことが大切です。

 

 

ページトップへ