ウコンは副作用を予防してくれるのか?

肝臓のドリンクの効果は「ウコンの力」

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善するために服用するタケプロンですが、薬特有の副作用として肝臓に多少の負担がかかってしまいます。この肝臓も負担がかかっていてもなかなか自分自身ではどれくらい障害が出ているのかがわからずに、機能が極限まで悪化して初めて気づかされます・・・。しかも、そこから改善しないとされるために、事前から予防や対策をしたほうが良いとのことで、私はタケプロンを服用し始めてからウコンを飲むようにしています。

 

ウコンとは植物の成分などから摂取できるのですが、ハウス食品から販売されている「ウコンの力」が人気なので、購入して毎日のように服用してい増した。

 

が、
調べてみると、不明手店が多いそうです。

 

「ウコンは肝臓に良い」と言う風評を利用している製品の一つで、秋右近エキス闘魂色素を原材料に使われ、クルクミンが一本当たり30mg含まれているそうです。

 

つまり、ウコンの成分自体はこの飲料水の中にしっかりと含まれている。しかし、実際問題として、ウコンを飲むことで、肝臓に良い、肝臓を強くするという実質的なことはないんだって・・・。

 

ウコンの力を飲むことで、安全性、有効性情報には、欲に抗酸化作用が有り、肝臓に酔い、発がん性抑制するなどと言われるが、人手の有効性、安全性については信頼性ができるデータはまだ出ていないそうです・・・。

 

しかも、添加物であるスクロースとアセスルファムKなど添加物が含まれているので、逆に胃や肝臓に負担がかかってしまうそうです。

 

 

ページトップへ