水で飲むことが重要

水で服用する意味

タケプロンを服用するときは、水と一緒に服用する。これが一番タケプロンの効果を高めてくれます。

 

あくまでも、タケプロンだからというわけではなく、薬を服用するときは水と一緒に服用することを常に心がけることが重要です。単純に薬が飲みやすいからと言うのもあるのですが、それ以外として水と一緒にタケプロンなどの薬を服用することで、口から喉を通り、胃の中に吸収されることで、他の食品や飲み物と混ざらずに、そのままの成分を吸収し、腎臓に成分を伝えてくれます。

 

逆に、タケプロンや薬だけを服用すると、食品などとの併用作用が起こる可能性があります。これは効果が薄まったり、副作用が起こる可能性があります。

 

たとえば、睡眠薬であるハルシオンを服用した患者が、お酒と一緒に服用し、亡くなるという事故がおきました。アルコールとハルシオンなどのSSRIの作用により脳などに異常をきたしてしまいます。

 

危険性を防ぎ、効果を最大限に高めるために、水で服用することが一番になります。

 

 

ページトップへ