ガスター10よりタケプロン

副作用も少なく効果が高い

薬は、体の不調を改善するために服用するのですが、主作用により改善すると同時に、他の部分に悪い作用が起こってしまいます。これは宿命というか、仕方がないというしかありません。

 

ただし、タケプロンは比較的副作用が少なく、h2ブロッカーよりも効き目が高く、何よりも副作用が低い所も特徴的な部分になると思います。しかし、ピロリ菌の除菌作用のときに、他の薬である抗生物質を服用するために、多少は副作用が起こる可能性があります。

 

タケプロンと併用してあもアモキシシリンクラリスロマイシンなどを服用することで、胃だけでなく腸に副作用が起こり、下痢が起こることもありますので、一週間以上続く場合は医師に相談をすること。

 

あとは、タケプロンを胃潰瘍や十二指腸潰瘍だけに服用する場合は、そこまで副作用は起こらないといわれています。ただし、年齢が高い人ほど、肝臓に負担がかかりやすいために、まれに頭痛やめまい、吐き気を及ぼす場合もあります。

 

その時は、錠剤の容量を減らす、服用を止めるなど、調整をすることで、副作用を補うこともできると思います。ガスター10などh2ブロッカーは副作用が多いために、もし発心やじんましん、女性の場合は月経不純を感じている人にも、タケプロンのほうが副作用も少なくオススメになると思います。

 

 

ページトップへ