野菜のキャベツの栄養分を心がける

キャベツを生で食べることで胃炎が治まる

 

サラダなどで定番となっているキャベツの千切り、とんかつにも必須の添え物ですが、キャベツのサラダを食べていると胃酸を抑えて胃炎を緩和してくれるという作用があるようです。

 

それにはキャベツの持っているビタミンUという存在があります。

 

胃炎を患っている人、胃潰瘍の人には特にオススメなのがキャベツです。

 

このキャベツのビタミンUについて説明していきましょう。

 

 

胃に良いと言われるキャベツのビタミンUですが、実は加熱処理してしまうと失われてしまうようです。

 

全てがなくなってしまうというわけではありませんが、加熱するより生で食べたほうが良いと言われています。

 

生だとカサが高くてたくさん食べることができないという人は、少し茹でると柔らかくなりますから食べやすいと思われます。

 

また栄養素もたっぷりあります。

 

ビタミンB1にビタミンC、カリウムやカルシウム、カロテンやマグネシウムです。

 

特にビタミンCが豊富でカロテンが含まれているのがポイントです。

 

 

キャベツのビタミンUはすでに胃腸薬にも配合されているもので、特に人気なのが春キャベツです。

 

春キャベツは他の時期のキャベツと違って柔らかく、生でも美味しく食べられるので、野菜が苦手という人でも優しい甘さで食べることができます。

 

キャベツは食べる胃腸薬とも言われているほどで、胃の修復を促す働きを持っていると言います。

 

生でよく噛んで食べるとその効能は増しますから、是非生キャベツをよく噛んで食べてほしいものですね。

 

また免疫力アップ、解毒力アップなどの効果もあります。

 

キャベツ由来の物質なので、そのままキャベツの名称を胃腸薬にしたものもあるようです。

 

昔から日本にある薬で、胃炎や胃もたれを緩和する作用を持っているようです。

 

それも主として胃酸を抑制してくれるので、胃炎、胃もたれの症状に効果的であると言われています。

 

ヨーロッパではかつてキャベツのしぼり汁を胃潰瘍の症状に飲む習慣があったほどなので、それだけ効能があったということなのでしょう。

 

 

チオニンというキャベツに含まれる物質が胃酸の分泌を抑えています。

 

胃粘膜の修復をサポートし、胃潰瘍を防止する役目をおっていたようです。

 

そこからビタミンU、腫瘍のulcerの頭文字をとってビタミンUと名付けられたようですね。

 

キャベツを生で食べることで胃炎が治まるのであれば、胃炎で胃がいつも痛いと悩んでいる人は是非、日常生活でキャベツをたくさん食べる機会を設けてください。

 

 

ページトップへ