食物が原因で胃が持たれてしまう。

夜遅くしか晩御飯を食べられない

胃もたれの原因とは一体何なのでしょうか。

 

胃が重い、げっぷが出る、吐き気がして眠れない日が続いている・・・。

 

翌朝、胃もたれがして朝食を食べることができないという人もいるでしょう。

 

胃もたれの症状は色々ありますが、そもそも胃もたれの原因はどういったものがあるのでしょうか?

 

胃もたれの原因には種類がありますが、それぞれ、寝る直前の飲食や空腹時のコーヒー、年齢によるものやライフスタイルの乱れなどがあります。

 

またストレスも胃もたれと深い関係があるようです。

 

特に寝る直前の食事は消化があまり良くないので、胃もたれしますし、太ります。

 

できるだけ避けたいものですね。

 

しかしシフト制の仕事をしていたり、残業で遅かったりと、色々な原因で寝る直前の食事になってしまうこともあります。

 

その寝る直前での胃もたれについて考えてみましょう。

 

まず寝る直前の食事はやはり翌朝に響き、胃もたれしますから、仕事から帰宅するとまずお風呂に入ってから食事をすると良いでしょう。

 

食後すぐに入浴すると消化に負担がかかるので、できるだけ避け、空腹でもお風呂に入ってから食事をする、そして寝るのが正解です。

 

もし食事を先にしてしまったら、入浴はその30分から1時間後くらいに入るのがベストでしょう。

 

 

また寝る前に食べると胃もたれするとは言いますが、それは脂っこいものを食べているからだと思われがちです。

 

しかし実は炭水化物は胃もたれしやすいと言われています。

 

夜遅くの食事は炭水化物を減らし、おかずを中心に食べるとよいでしょう。

 

また寝る時間が迫っているからと言って早食いしていませんか?
それは余計に胃もたれを引き起こす原因になりますから、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

早食いは食べ物をあまり噛まずに食べている状態ですから、胃で消化するのに時間がかかります。

 

そこで翌朝胃もたれを起こす原因となります。

 

食べ物と一緒に空気も飲み込みますから、一気に胃が膨らみ、お腹も苦しくなります。

 

胃もたれを起こしている場合は胃を休ませることが必要です。

 

ですからできれば寝る直前に食べると胃もたれするのであれば、消化のよいものを食べるようにしましょう。

 

 

例えばうどんや豆腐、野菜なども茹でたり蒸したり、煮たりすることで消化をよくすることができます。

 

夜遅くしか晩御飯を食べられない、寝る直前の食事しか摂れないと言う人も多くいると思います。

 

その場合はできるだけ消化の良いものを進んで摂るようにしましょう。