タケプロン15mgと30mgの飲み方

タケプロンの服用

胃潰瘍や十二指腸にも症状が様々で、痛みは特にないが、胃壁が弱って胃酸の分泌が活発になり進行しているというパターンがあります。その時に服用するのがタケプロンになります。

 

同じように胃酸を抑える効果のあるガスター10よりも効果が期待できます。しかし、治療の対象となる疾患により、服用できる量と、期間が決まっているために、もしタケプロンをジェネリックとして個人で購入する場合は、十分に用法や飲み方を理解してから飲むことが重要になります。

 

病院で処方されるタケプロンは1錠あたり「15mg、30mg」の2種類あり、1日に1錠服用したり、2錠服用したりと、症状により異なります。

 

ただ、ジェネリックの場合は1錠30mgが一般的です。
なお、胃潰瘍の場合は毎日欠かすことなく一日に1錠のペースで8週間ほど服用し、十二指腸潰瘍の場合だと6週間服用することになります。

 

どうしても、タケプロンは効果が高いために、服用するとすぐに胃痛は収まるのですが、胃酸の量などはさほど変わっていないために、根本的な部分として潰瘍を改善するには、しっかりと期間を守り服用することが重要視されます。

 

通常、成人はランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口服用する。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用とする。

 

 

ページトップへ