ピロリ菌が起こる要因

胃痛とピロリ菌

胃痛や胸焼けの原因としてピロリ菌が関係する場合もあります。特にお腹が弱い人に起こりやすいと言われています。
そんな場合は、一度は病院で検査を受けてみることを勧めます。ピロリ菌の有無を調べて見るには、まずはチェックをしてみてはいかがでしょうか、たとえば、親が乳児期に口移しをしえ知多とか、小さいころに井戸水を飲んでいた。親兄弟に胃がんの患者がいた、親兄弟にピロリ菌の保健所がいるとか。その他にも、食べるとすぐに満腹になってしまう、心配事があるわけでもないのに、食欲が感じられないなど、実はピロリ菌が関係することが有ります。

 

ピロリ菌の正式名書としてはヘリコバクター・ピロリ菌で、井戸水などにいる菌の一種です。衛生上居の悪い一昔の日本にはどこにでもいましたが、今の中高年の多くはピロリ菌を持っていることがわかっています。

 

ただし、時代とともに清潔になっているために、感染する機会はかなり減っていますが、先ほど話したように親から感染するおそれがあるために注意をしなくてはいけません。

 

日本だけで年間15万人近い人が胃がんになっていますが、ピロリ菌が原因とも言われているために、毎年のように検査を受けてみてもいいと思います。気づいてからでは遅いために、事前に調べておくことは大切な手段につながります。

 

 

ページトップへ